GRAY-REAL.jpg






GRAY – REAL

会期日時:2016年12月10日(土) – 18日(日)15:00-19:00
会場:Kapo 2F
入場無料

作家:オ・セギョン、 パーク・チョルホ、シォン・ユージン

内容:
同時代における社会の「不安」、「憂鬱」、「恐怖」、「緊張」を表現する韓国のアーティスト3名による展覧会です。

GRAY:この言葉の記号的な意味ではなく、’灰色’という暗喩である。長く続く脅威と不安にさらされた個人にとって、目の前の現実は燃えたあとに残る’灰色’が満ちている空間だ。さらに社会の権力集団は、何より隠密で巧妙な手口を用いてこの集団的な憂鬱症を統制する。

REAL:灰色で満ちているこの現実の中で、私たちが存在するための在り方に対する疑問から今回の展覧会は始まった。揺れている人生の地軸に置かれた個々人の在り様を、3人の作家の作品を通じて露にする。それぞれの作品が表象するものは、今または近い将来における「灰色の現実=GRAY-REAL」の中を浮遊する私たちの風景や情景である。作品を観る人にとって、この風景に共感を感じてもらえたら幸いである。

主催:ワークバンド・ゴング
後援:アートホール・ゴング、韓国文化芸術委員会、メディアパブリッシングthe OUI、a true PRINT、The VIDEOS




GRAY – REAL
Period: Sat. 10 Dec. 2016 – Sun. 18 Dec. 2016
Time: 15:00pm-19:00pm
Venue: Kapo 2F
Admission free

Artists: OH SE-KYOUNG / PARK CHUL_HO / SUNG YU-JIN
Director: JOE BYUNG-HEE
Curator: LEE EUN-JUNG
Coordinator: Masahiro Saito(Kapo)
Critique: LEE IN-BOK
Document: JUN MIN-SOO

Organized by: Workband Gong
Sponsored by: Art Hall Gong, Arts Council Korea, Media publishing the OUI, a true PRINT, The VIDEOS

KANAAZWA, JAPAN





20161210_GRAY-REAL_01.jpg 20161210_GRAY-REAL_02.jpg